お問い合わせフォーム

    よくあるご質問

    【1】整骨院・接骨院はどのような症状が対象ですか?

    骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷等です。
    例えば日常生活やスポーツプレー中の足首、膝、肘、腰、首等の捻挫や、打ち身、肉離れ等の幅広い外傷が対象となります。
    ただし東洋医学的なアプローチによる怪我以外のものも診れますのでかなり幅広い症状に対応しておりますのでお気軽にご相談下さい。

    【2】労災保険(通勤災害・業務災害)も扱えますか?

    勤務中の事故やケガによる外傷で非開放性のもの(皮膚が損傷して出血していないもの)や、通勤途上でのケガ(駅の階段で足を踏み外して捻挫をした等)は労災保険扱いとなります。

    【3】保険の適用による交通事故診療は行っていますか?

    品川接骨院グループでは、自賠責保険・任意保険の適用による交通事故診療を行っています。
    むち打ち・捻挫・打撲・脱臼など、交通事故による怪我や症状を改善に導きます。
    診断証明書の発行で人身事故扱いとなり、窓口負担金0円にて受診いただけます。

    【4】変形性の腰痛症(例:変形性膝関節症)と診断されたのですが保険適用できますか?

    変形性で神経根の圧迫や骨棘が出てその原因で痛みがある場合には接骨院での扱いの対象外です。
    但し加齢現象(歳をとり)変形があっても全ての人が痛い訳ではありません。
    変形があっても痛みの無い人もたくさんいますが、その様な方がケガで痛めた場合には勿論対象となり保険扱いとなります。

    【5】整骨院・接骨院と整形外科の違いは何ですか?

    医師である整形外科は、医師法により業務範囲が定められています。
    レントゲンの撮影、痛み止めの注射、薬剤の投与などが主な業務範囲です。
    柔道整復師である整骨院・接骨院は、柔道整復師法により業務範囲が定められています。
    整形外科と異なり、レントゲンの撮影、痛み止めの注射、薬剤の投与などはできません。
    しかし、痛みを取り除くための注射や投薬は、その効果が切れた後に痛みが増すケースも少なくありません。
    整骨院・接骨院では、骨格と筋肉にアプローチすることで根本的な改善へと導きます。

    【6】足首を捻挫したのですが冷やした方がいいですか?

    関節を強く捻ると、関節を補強している靭帯や周りの筋・腱を伸ばしたり、部分的に切れたり、完全に切れたりすることがあります。
    捻挫の急性期の治療で一番大切なことはRICE(ライス)です。
    「R」Rest 安静
    「I」Icing 冷却
    「C」Compression 圧迫
    「E」Elevation 高挙
    したがって急性期にはまず冷やして、すぐに御来院ください。固定をし、湿布をすることが重要です。
    なお急性期には入浴とアルコールは避けて下さい。腫れが強くなり痛みが増強します。