社会貢献活動

品川接骨院グループは公益財団法人CIESFに加盟しています

CIESF

公益財団法人CIESFとは

CIESF(シーセフ)とは、カンボジアをはじめとした途上国を支援する国際的な教育支援団体です。
学校教育の質の向上を目的に、高度な人材教育を通して途上国の発展を支援しています。

学校の数は増加している

2011年のカンボジア政府のデータでは、小学校は6,767校 (一校当たり、生徒478人、教師6.7人)、中学校は1,575校あります。
2007年のデータでは、小学校は6,746校、中学校は1,303校と、学校の数は増えています。
これは、これまでカンボジア政府や海外の支援団体が、沢山の学校を建設してきた結果です。
では、一体何が問題なのでしょうか?
実は、カンボジアの教育問題の本質は「学校教育の質」にあります。

「学校」という建物があっても、教える「先生」がいない

カンボジアのいくつかの州では、先生の数が不足しており、中学校を卒業したばかりの学生でも教師になることができます。
また、賄賂を払うことで、最低限の読み書きを条件に教師になることが可能なケースもあります。
カンボジアでは、教師の社会的地位が低く、平均月収は一般的な職業の3分の1に過ぎません。
そのため、教師は何らかの副業をしなければならず、副業がメインになっている教師も沢山います。
教師の数と質は、給料以外の収入が見込めない地方へ行くほど低下します。
このような教育環境で、人々の生活が向上し、貧困の連鎖から抜け出すことは可能と言えるでしょうか?
いくら学校が新設されても、そこに「先生」がいなければ意味がありません。
CIESFは、カンボジアの教員養成学校に日本の教師を派遣しています。
現地のニーズに合わせたカリキュラムを作成し、指導方法のノウハウを伝えることで、高度な人材教育を行っています。