頭痛の改善

頭痛の概要と症状、セルフチェック、原因とメカニズム、放置するリスク、ビフォーアフターについてまとめています。

【執筆】リフレ鍼灸整骨院:寺内 猛

頭痛とは?概要と症状

頭痛は、大きく2つに分類されます。
基礎疾患のない一次性頭痛と、別の原因疾患による二次性頭痛とに分けられます。
二次性頭痛には、くも膜下出血や脳出血など、命に関わる頭痛があります。
今まで感じたことのない頭痛であれば、すぐに脳神経外科や神経内科の受診をお勧めします。
当グループで施術可能になるのが、一次性頭痛になります。
一次性頭痛には、緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛があります。
緊張型頭痛は、肩こりや首こりなどの筋肉の緊張により起こる頭痛です。
70%以上の方が、緊張型頭痛と言われています。
ストレスの影響、パソコンを多く使う方に多く見られます。
片頭痛は、発作的に起こり、4~72時間続きます。
片頭性の痛みでズキズキと脈を打つような拍動性の痛みが特徴的です。
群発頭痛は、目の奥~前頭部、側頭部にかけての激しい頭痛が数週から数ヶ月の期間現れます。
頭痛発作時に目の充血や眼瞼下垂などの症状を伴うことが多いことも特徴的です。

頭痛のセルフチェック

● 慢性的に頭痛がある
● 頭痛薬が手放せない
● 頭痛と同時に肩こりがある

頭痛の原因とメカニズム

一般的な緊張型頭痛は、首肩周りの筋肉が緊張し、頭へいく血流不足が原因となって頭痛が出ると考えられています。
PC作業を行う方に起こりやすいです。
また、頚椎の2番目のズレがあることでも、頭に繋がる血流が悪化し頭痛が発生します。
片頭痛の原因としては、まだ正確には解明されていません。
様々な説がある中でも、三叉神経血管説が一番有力です。
何らかの原因で脳にある神経が、一気に拡張されることで、片頭痛を起こすと言われています。
自律神経や、女性ホルモンなどが関与していると言われています。
また、人によっては片頭痛の前兆があります。
閃輝暗点といって、目の前がギザギザに見えたり、音や匂いに敏感になります。
群発頭痛に関しても、原因がいまだに解明されていませんが、
内頸動脈説、三叉神経血管説、サーカディアンリズム説等があります。

頭痛を放置するリスク

● やる気や集中力がなくなり、日常生活や仕事のパフォーマンスが低下する。
● 鎮痛剤の常用で感覚が麻痺し、根本原因が解決されない。
● くも膜下出血や脳出血など、命に関わる病気の場合がある。

頭痛のビフォーアフター

○代男性

準備中

○代男性

準備中

○代女性

準備中

○代女性

準備中