冷え性の改善

冷え性の概要と症状、セルフチェック、原因とメカニズム、放置するリスク、ビフォーアフターについてまとめています。

【執筆】リフレ鍼灸整骨院:寺内 猛

冷え性とは?概要と症状

冷え性は、男性と比べて筋肉量が少なく熱を作る力が弱い女性に多く見られます。
冷え性には、「末端冷えタイプ」「内臓冷えタイプ」「下半身冷えタイプ」「全身冷えタイプ」の4つが存在します。
末端冷えタイプは、10~20代の女性に多くみられ、手足の先に冷えを感じます。
血液循環不足が主な原因となります。
無理なダイエットや、生活習慣の乱れも関与します。
冷えと同時に、肩こりや頭痛も伴いやすいです。
内臓冷えタイプは、30代以降の女性に多くみられ、二の腕や下腹部に冷えを感じます。
自律神経の乱れが原因の一つです。
初期では自覚症状が少ないため、内臓機能の低下に繋がる恐れがあります。
下半身冷えタイプは、お尻やふくらはぎ、腰から下に冷えを感じます。
気や血の巡りが悪いことが原因と考えられます。
顔のほてりや上半身ののぼせが特徴です。
デスクワークなど、長時間座っている方に多くみられます。
全身冷えタイプは、常に体温が低く、季節を問わず、寒さを感じます。
慢性的な疲労感や倦怠感など、全身の症状が現れます。
食事量不足などによる、基礎代謝の低下が原因として挙げられます。

冷え性のセルフチェック

● 体は寒くないのに手足が冷たい
● お腹が冷えやすく下痢をしやすい
● 慢性的な頭痛や肩こりがある

冷え性の原因とメカニズム

私たち人間には、気温や気圧などの外部環境が変化しても、体温などの内部環境を一定に保とうとする機能があらかじめ備わっています。
自律神経系、内分泌系、免疫系が主に働き内部環境を一定に保ちます。
例えば、体温調節は自律神経によって行われています。
暑いと血管を拡張させ、体から熱を放出させます。
逆に寒いと血管を収縮させ、体から熱を逃がさないように働きます。
しかし、人間の体は急な温度の変化には5℃までしか正常な対応ができないと言われています。
つまり、気温35℃以上の外から冷房のガンガン効いた30℃以下の室内に入ると順応ができないのです。
そうすることの積み重ねにより、自律神経が乱れていきます。
自律神経が乱れることにより、冷え性を引き起こします。
また、女性ホルモンやタイトな下着も冷え性に影響します。

冷え性を放置するリスク

● 血流が悪化し、頭痛や肩こりを引き起こす。
● 内臓が冷えて腸内環境が悪化し、下痢や便秘を引き起こす。
● 体温の低下で免疫力も低下し、疲れやすく病気にかかりやすい体になる。

冷え性のビフォーアフター

20代男性

施術前
仕事中の手先の冷えが気になり、頭痛と肩こりにも悩んでいたため来院しました。

施術後
1回の施術でその場で出ていた肩こりや頭痛が軽減してびっくりしました。
また、普段手先の細かい作業をする仕事なので冷えが改善されてとても助かりました。
ありがとうございました。

30代男性

施術前
デスクワーク時と就寝時の手足の先の冷えが気になり来院しました。

施術後
モルフォセラピー施術後はポカポカした感じを実感しました。
しかし一回では改善されず、寝るときには冷えが気になりました。
続けて5回ほど通わせてもらい、今では寝る際も冷えが気にならなくなりました。
ありがとうございました。

20代女性

施術前
頭痛・肩こり・内臓の不調・冷え・不眠に悩んでおり、知人に紹介されて来院しました。

施術後
今まで色々な整骨院に通ってきましたが、症状は改善されなかったため、半ば諦めていました。
初回の施術でまず、頭痛がなくなったので期待をもてました。
施術を重ねるごとに体の不調が改善されていくので、今ではかかりつけです。
内臓の調子まで、良くなったのは本当に驚きです。
これからも通う予定です。

30代女性

施術前
冷房が強い部屋で仕事をするのが辛く、常に体全体が冷えていました。

施術後
親身になって話を聞いてくれた姿に好印象を抱きました。
施術も丁寧で、痛くない整体を受けたのが初めてだったので最初は戸惑いでした。
施術を受ける度に体の変化を実感し、体温も1度上がりました。
これからもメンテナンスで通おうと思います。