リフレ鍼灸整骨院院長:遠藤 達人

学歴・職歴

【卒業】高校
日本で初めて体育科が設けられた公立高校で、文武両道を目指して勉学とサッカーに勤しみました。
【卒業】東京柔道整復専門学校
柔道整復の専門学校で、体に関する知識と施術家としての心得を身に付けました。
【修了】スクール
一般社団法人日本モルフォセラピー協会で、モルフォセラピーのスキルを習得しました。
【現在】

2012年4月に品川接骨院グループに入社、リフレ鍼灸整骨院で院長として勤務しながら、品川接骨院グループの統括マネージャーを兼任しています。

資格

● 2012年3月に、厚生労働省認定の国家資格「柔道整復師」を取得しました。
遠藤 達人_柔道整復師
● 2017年1月に、一般社団法人日本モルフォセラピー協会認定の資格「モルフォセラピー公認指導員」を取得しました。
遠藤 達人_モルフォセラピー公認指導員● 2018年7月に、公益社団法人全国柔道整復学校協会の資格「柔道整復師臨床実習指導者講習会」を修了しました。

登壇歴・表彰歴・出版歴

● 2018年9月27日に、アトレ品川のスタッフを対象とした「健康意識向上のための研修」を開催しました。
● 2019年2月7日に、錦糸町TERMINAのスタッフを対象とした「肩こりと腰痛のセルフケア研修」を開催しました。
● 2019年9月18日に、ボックスヒル取手のスタッフを対象とした「姿勢を改善して生き生きと働くための研修」を開催しました。
● 2019年8月27日に、丸の内ビルや新丸の内ビルのスタッフを対象とした「ヘルスケア研修」を開催しました。
● 2019年9月13日に、横浜ランドマークタワーのスタッフを対象とした「体メンテナンスの研修」を開催しました。

整体・整骨・接骨に出会うまで

小学校から高校を卒業するまで、続けたサッカーですが、中学2年生以降は腰痛と付き合いながらの活動でした。
痛みが強い時には、整体や鍼を受けることも多々あり、高校生最後の大会は痛み止めの注射を打ってから試合に臨んでいました。
そんな学生時代だったので、整体や整骨院はすごく身近な存在でした。
高校卒業後の進路を考えている時に、お世話になった整骨院の先生にいろいろと相談させていただくうちに、自分と同じように痛みによって生活に制限がかかっている人の助けになりたいと思い、この道を進む決意をしました。

整体・整骨・接骨を学んだ方法

専門学校では、解剖学や生理学などの体に関する基本的な学問から、公衆衛生学や関係法規学などの院運営に必要な知識を学びました。
学校の先生は、実際に現場に出ている先生がほとんどで、現場での知識と座学を絡めた授業をしてくださったので、すごく勉強になりました。
実技の授業では、包帯の巻き方や骨折の整復の仕方、捻挫の施術の仕方なども学び、今現在にも大いに役立つ知識が多くありました。
授業でわからないことは補講などを積極的に行ってくれる学校だったので、自分のペースで学べました。

品川接骨院グループに入社した理由

遠藤 達人_仕事専門学校の就職説明会で、代表の田中と話をしたことが入社のきっかけです。
他にもいろいろな会社の説明を聞きましたが、田中は唯一自社の弱いところや改善点と今後の改善策の話をしてくれました。
他者は良いところの話しかなかった分、すごく興味を惹かれました。
そして、就職説明会が終わり、学校から帰るために最寄りの駅に向かうと、偶然田中と再会しました。
そこで、電車に乗りながらいろいろな話をして帰りました。
田中の人間性や会社が目指す方向性を明確に聞くことができ、一緒に田中の描くビジョンを叶えたいと思い、入社することを決意しました。

品川接骨院グループへの入社後に起きた自身の変化

入社時の私は、正直に言うと学生気分でいました。
社会人としての自覚が薄いまま仕事を行っていました。
そんな中で、代表の田中や当時の院長先生から厳しくも暖かい指導をしていただいたおかげで、社会人としての自覚を持つことができ、日ごろの勤務の仕方や家での過ごし方など大きく変わりました。
そのおかげで、患者様への接し方や考え方に大きな影響があり、より患者様のために行動するように変化していきました。
施術の効果を上げるための練習や勉強をすることが苦ではなくなり、楽しみを覚えながら努力ができるようになりました。
代表の田中と当時の院長には今でも感謝しています。

遠藤達人の信念とポリシー

私の座右の銘は「笑う門には福来る」です。
笑っているといいことがある。といった意味ですが、私はどんな出来事も楽しんだ人が勝ちだと思っています。
仕事をしていれば、避けたいことやめんどうなことも多々あります。
そんな時こそ、目の前のことをゲームだと捉えて楽しく取り組むようにしています。
患者様と会話している時は何も考えずに笑顔になれますし、スタッフが成長した姿を見ることがとても嬉しく感じます。
自分の楽しみや笑顔のために、自分に関わってくれる人が笑顔になれるように日々過ごしています。

プライベートの過ごし方

遠藤 達人_プライベート休日は自宅で過ごすことが多いです。
読書や映画鑑賞、あとはひたすらベッドでだらだら過ごすことが好きです。
最近は、料理とゴルフを始めました。
料理はもともとやっていたのですが、少し凝った料理をすることにハマっています。
スパイスからカレーを作ったり、魚を捌いてみたりしています。
ゴルフは、まだ始めたばかりですが、ラウンドに行くたびにスコアが良くなっていくので楽しくて仕方無いです。
いつか患者様たちとラウンドを回れるような企画を考えたいと企んでいます。
一生の趣味になりそうです。

今後の目標や展望

今の私の目標は、モルフォセラピーをもっと普及させることと、弊社の院の周りに住んでいる方が健康で生活し続けられる環境を整えることです。
モルフォセラピー協会公認講師として、毎月セミナーを開催しています。
まだ東京での開催だけですが、日本全国で開催をしたり、その先では海外でも普及できるようにしたいと思っています。
それだけ、人の健康に関われる施術方法だと思っているからです。
もうひとつ、弊社の院の周りに住んでいる方が健康で生活し続けられる環境を整えることです。
「ただ整体を受けるだけ」「ただ痛みを取るだけ」では無く、健康で居続けるためのサービス提供やコミュニティ作りを行っていきたいと思っています。
そして今以上に、各院の地域での貢献度を上げていけるように注力していきます。

お体の悩みを抱える方へのメッセージ

品川接骨院グループには、モルフォセラピー認定指導員が3名いる日本唯一の鍼灸整骨院です。
プロの施術家に指導しているスタッフによるハイレベルな施術を提供できます。
肩こりや腰痛が慢性化している方、あって当たり前になってしまっている方が沢山いらっしゃいます。
体に不調があると、心も無意識にストレスを感じており、仕事やプライベートのパフォーマンスが低下します。
施術を通して、1人でも多くの方の人生のパフォーマンスを向上することに貢献できたら幸いです。
素敵な人生を送るために、是非一度施術を受けにいらしてください。

品川接骨院グループへの入社を検討中の方へのメッセージ

現代は、施術技術があるだけでは生き残れない時代です。
患者様は、体の不調が改善することを前提に治療院へ来院されます。
確かな技術を身に付けることは必須です。
品川接骨院グループでは、モルフォセラピーという再現性の高い施術を学ぶことができます。
加えて、人との最適なコミュニケーションスキルを学ぶことができます。
コミュニケーションスキルを言語化し、スタッフの共通言語を作ることで指導を可能にしています。
将来のために、ハイレベルな技術とコミュニケーションを習得することができる環境で一緒に働きましょう。